読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

96 Flying Gamers

旅とマイルとゲーム

遠征~航空券その1~

 遠征費用を節約する場合に最も重要なのが航空券です、購入する場所、時期、対象により値段に天地の差が生じます。

 特定の航空会社のファンだったりSFC・JGC修行中である、又はアライアンスのこだわりがあるなどの場合は別ですが(この記事では詳しく説明しません)、安さを求めるならきちんと比較して安いものを買いましょう。

 

 例えば自分の場合、先日のカプコンカップ2016を現地観戦しました。

 アナハイムはロサンゼルス空港が近いので東京-ロサンゼルスで検索。

 1枚目の画像はJALで航空券を購入しようとした場合の検索結果です。

 

f:id:cafe96:20161121173754p:plain f:id:cafe96:20161121173717p:plain

 便によって値段が違いますがJALだと往路復路の合計が最安値で10万8千円ですね。これに諸費用がプラスされて11万8千5十円となっています。

 ところでJAL側で表示されている便名のすぐ横にこのような文章があるのにお気づきでしょうか。

 

 アメリカン航空の機材・乗員で運行します。

 

 これは共同運航便(コードシェア便)というもので、ざっくり言うとA社の飛行機の座席の一部をB社で販売するシステムです。つまり今回の場合、アメリカン航空の飛行機の座席をJALが間借りして販売していることになります。ここから何が分かるかというと、JALの検索結果で出た便はアメリカン航空でも同じ便の航空券を買えるはずだということです。

 というわけでアメリカン航空のホームページで東京-ロサンゼルス便を検索してみた結果が2枚目の画像です。

 

  はい、4万5千円ですね。

 

 そうです、これだけ違います。半額以下です。

 JALと全く同じ出発時間の便がありますね。先ほど説明した通り共同運航便なので当然です。表示名こそJAL側でJL7016、JL7018となっていて、AA側でAA26、AA170となっていますがこれらは同じ飛行機です。

 同じ飛行機に乗って同じサービスを受けるのにこの価格差なんです、驚きですね。

 

 航空券は色んな方法で検索しなければ大損する可能性があることが分かりました。

 

 でも自分でそんなにいちいち調べるのも面倒だよという場合は、素直にHIS等の格安旅行会社だったりExpediaやトラベルコちゃんなどのWEBサイトを使いましょう。

 HISは店舗に行けば良い具合のホテルや航空券を用意してくれます。ツアーに申し込むのでなく、あくまで航空券が欲しい旨を伝えるとアバウトな日程でも相談に乗って色々提案してくれますから、これはネットにはない魅力ですね。デメリットは時間がかかるのと手数料がほんの少しですが取られることくらいでしょうか。

 ExpediaやトラベルコちゃんだとHISに乗ってないような安い航空券もガンガン見つけてきます。とにかく安くをモットーにするならこれで間違いないです。デメリットはアフターケアが心もとないのと酷い条件の航空券も見つけてくることです。

 きちんと詳細を見てから予約しないととんでもないことになりかねません。乗り換えが何度もあったり待ち時間で丸一日潰れたり…気を付けましょう。

 

 まあざっくりと適当に書いたのでアライアンスの話とかマイルや座席クラスの話だとか本当は他に色々あるのですが、とりあえずちゃんと安い航空券を探そうという心構えの話でした。